新型コロナウイルス感染症対策 緊急シンポジウム(LIVE配信)

概要

日 時:6月5日(金) 15:25〜16:55
座 長:椛島 健治 先生(京都大学)、浅田 秀夫 先生(奈良県立医科大学)

  • 講演1:「コロナウイルスの基礎とアビガンについて」
        白木 公康 先生(千里金蘭大学副学長、富山大医学部名誉教授)
  • 講演2:「皮膚科医に必要な感染対策」
        山岸 由佳 先生(愛知医科大学大学院医学研究科臨床感染症学特任教授)
  • 講演3:「比較コロナウイルス学からのアプローチ」
        宮沢 孝幸 先生(京都大学ウイルス・再生医科学研究所ウイルス共進化分野准教授)

演者略歴

講演1 白木 公康 先生

学歴
1977年3月 大阪大学医学部卒業
職歴
1980年 大阪大学微生物病研究所助手
1984年 米国ペンシルバニア州立大学医学部微生物学教室
1990年 大阪大学微生物病研究所助教授(高橋理明教授)
1990年 富山医科薬科大学医学部ウイルス学教室教授
2004年  同 図書館長
2013年  同 医学部医学科長
2018年 富山大学退職, 千里金蘭大学学長補佐 看護学部教授
2019年 千里金蘭大学副学長
受賞
1993年 多ケ谷勇記念イスクラ奨励賞
1994年 和漢医薬学会奨励賞
2015年 富山新聞文化賞
2016年 和漢医薬学会学会賞
白木公康先生
白木 公康 先生

講演2 山岸 由佳 先生

現職
愛知医科大学大学院医学研究科 臨床感染症学 教授(特任)
愛知医科大学病院 感染症科 教授(特任)
愛知医科大学病院 感染制御部 副部長
資格
日本臨床検査医学会 臨床検査専門医
日本小児科学会 専門医・指導医
日本感染症学会 感染症専門医・指導医
など
略歴
2001年 順天堂大学医学部 卒業
2001年 岐阜大学医学部附属病院 医員(小児科 研修医)
以後関連病院を経て
2008年 愛知医科大学病院 感染制御部 助教
2012年  同 講師・副部長
2013年 愛知医科大学病院 感染症科/感染制御部 准教授・副部長
2017年〜 現職
学会活動
会員:American Society for Microbiology、日本臨床検査医学会、日本感染症学会(中日本地方会理事、評議員)、日本化学療法学会(評議員)、日本環境感染学会(評議員、多剤耐性菌感染制御委員会委員、ワクチン委員会委員、ガイドライン作成委員)、日本小児科学会、日本小児感染症学会、日本臨床微生物学会(評議員、編集・ホームページ委員)、日本医真菌学会(評議員)、日本外科感染症学会(評議員、編集委員)、日本性感染症学会(代議員)、日本嫌気性菌感染症学会(幹事、編集委員)、日本産婦人科感染症学会(幹事)
など

講演3 宮沢 孝幸 先生

学歴
1984年 東京大学理科2類入学
1986年 東京大学農学部畜産獣医学科進学
1990年 東京大学農学部獣医学科卒業
1990年 東京大学大学院農学系研究科博士課程入学
1993年 東京大学大学院農学系研究科博士課程修了(短縮〔飛び級〕)
博士(獣医学)学位取得(東京大学 博農第1431号)
宮沢 孝幸 先生
職歴
1992年 日本学術振興会特別研究員(1994年3月まで)
1994年 日本学術振興会海外特別研究員(1996年3月31日まで)
(英国グラスゴー大学博士研究員)
1996年 東京大学大学院農学生命科学研究科 助手(2001年3月31日まで)
1999年 英国ロンドン大学名誉研究員(在外研究員)(2001年3月31日まで)
2001年 大阪大学微生物病研究所エマージング感染症研究センター 助手(2003年10月31日まで)
2002年 日本科学技術振興事業団 さきがけ21(PRESTO)研究員(チームリーダー)
(2005年3月31日まで)
2003年 帯広畜産大学畜産学部獣医学科 助教授
2005年 京都大学ウイルス研究所附属新興ウイルス感染症研究センター 特別教育研究 助教授
(2007年4月1日 特別教育研究准教授と名称変更)
2009年 京都大学ウイルス研究所細胞生物学研究部門信号伝達学研究分野 准教授
2013年 京都大学附属感染症モデル研究センター進化ウイルス研究領域 准教授(兼務)
2016年 京都大学ウイルス・再生医科学研究所
附属感染症モデル研究センター・ウイルス共進化分野 准教授
現在に至る
専門
獣医ウイルス学(特に獣医レトロウイルス学、パラミクソウイルス、パルボウイルス)
獣医公衆衛生学(特に人獣共通ウイルス感染症)
分子進化学(古代ウイルスによるほ乳類の進化)