グルコバイ50mg(アカルボース)

 

 

 

 

 

グルコバイに関して【通販インポート】

グルコバイは食後血糖上昇を抑える薬である。主に糖尿病の食前過剰血糖を改善する目的で使用される。しかし、食事療法や運動療法を行っても理想的な血糖値が得られない糖尿病は無数に存在します。インスリンは、血液中の血糖のヒット比率を維持する。インスリンは厄介にも糖分を補正して血糖値を下げさせるが、書き換えには限界がある。血糖値の急激な上昇により、修正されなかった糖は中性脂肪として備蓄され、ふくよかな体型になります。

グルコバイは、従来の血糖降下剤とは異なる新しいタイプの糖尿病治療薬です。その作用機序から「α-グルコシダーゼ阻害薬」と呼ばれ、その臨床効果から「食後血糖上昇抑制薬」とも呼ばれています。臨床試験において、グルコバイ100mgを1日3回食直前に投与すると、食後2時間と満腹時に測定した血糖値が有意に低下することが示されています。糖尿病は血液中の糖が消化されずに蓄積する病気です。

グルコバイは、有効成分アカルボースを含む糖尿病治療薬です。バイエル薬品が販売しています。グルコバイは、糖の獲得を抑制することで血糖値の急激な上昇を防ぐ糖尿病治療薬である。臨床試験では、糖尿病患者の78.9%の成功率が示されている。グルコバイは食前に服用することで、糖の記憶を穏やかにし、食後の過剰な血糖を防ぎます。バイエル薬品(バイエル)が監修・販売する糖尿病治療薬「グルコバイ」は、糖の体内把握を穏やかにし、食後の血糖値の上昇を防ぐ薬です。

有効成分アカルボース(Acarbose)が、小腸粘膜微絨毛に存在するグルクカルジアミラーゼ、膵液や唾液に存在するα-アミラーゼなどの酵素を阻害することで、食後の急激な血糖値の上昇を抑えることができると考えています。重度の肝硬変患者に投与すると、便秘により高アンモニア血症が急速に悪化することがあり、意識障害を伴うことが報告されています。

食後の血糖値上昇を抑制する作用があり、食事療法の補助薬として活用できる。食事の炭水化物がブドウ糖に分離するのを阻害し、血糖値の上昇をもたらします。アカルボースは、糖がグルコースから分離される際に起こる化学反応を担うα-グルコシダーゼという酵素を阻害し、糖質の消化を遅らせる。この作用により、食後の血糖値の上昇が緩やかになります。

グルコビーは、食後の血糖値の上昇を抑え、1日の血糖値を適切かつ一定に保つことで、糖尿病の治療や減量に役立つ薬です。アカルボースは、炭水化物の消化を阻害することで、血糖値の急激な上昇を抑制します。炭水化物の消化に必要な消化酵素の働きを阻害することで、消化の割合を減らし、炭水化物に対する体の理解を操作することを目的としています。