会頭挨拶

第119回日本皮膚科学会総会
大会テーマ「つなぐ」

会頭 天谷雅行

会頭 天谷雅行
(慶應義塾大学医学部皮膚科学教室 教授)

この度、2020年6月4日〜7日の日程で、WEBにて第119回日本皮膚科学会総会を会頭として開催させていただくこととなりました。

学会のテーマは「つなぐ」です。35年以上、皮膚科医として、研究者として過ごしてきて、大切な言葉をひとつあげるとすると、「次世代につなぐ」ことです。そして、「つなぐ」次世代が存在することにも感謝します。「つながる」ことを実感することで、我々の世代も元気をもらえます。また、異分野を「つなぐ」ことで新しい分野が生まれ、活躍の場ができます。世代をつなぐ、分野をつなぐ、人をつなぐ、組織をつなぐことの大切さをつくづく感じています。皮膚という臓器も、厳しい環境の外界とデリケートな体の中を「つなぐ」存在で、そこで起こる様々な現象が皮膚科学の対象となっています。総会のポスターでは、書家の川尾朋子さんが書いていただいた「つなぐ」に、色彩作家の内藤麻美子さんが皮膚の構造をイメージした色をつけていただきました。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大に伴い、医療現場で働かれている多くの会員の皆様も、医療活動、感染拡大の抑止に腐心されていることと思います。

本総会に関して、2年前より、慶應義塾大学皮膚科学教室、および皮膚科学会事務局において準備を重ねて参りました。4月中にお手元に届いた、日本皮膚科学会雑誌総会号に関しては、本来予定していた内容、すなわち、京都国際会館における現地開催でのプログラムを反映しております。

本年の2月に新型コロナウイルス感染症の拡大が起こりはじめ、多くの会員の方が現地に来られることが難しくなると判断し、現地開催とWEB開催を併用したハイブリット方式の開催を検討し始めました。3月に会員の皆様のお手元に届きましたJDA letterにおいて、その概要をご説明させていただきました。

ところが、新型コロナウイルス感染症は想定以上に拡大し、4月7日に、政府より特別措置法に基づく緊急事態宣言が発令されました。また、多くの大学機関におきましては、学会参加の中止、国内出張の中止を発令しております。そのような状況の中、4月14日に臨時理事会をWEB開催し、会員の皆様の安心、安全を第一に考え、本総会は、現地開催を中止とし、同じ日程にて、WEB開催のみとすることを決定いたしました。

会員の皆様には、会期中、自宅、仕事場などからオンラインで学会にご参加いただき、その講演内容の聴講、閲覧が可能です。プログラムの日時は、基本的に、同じ日程で配信します。講習単位の取得も、視聴記録を申請いただくことで可能です。また、参加登録については、オンライン登録にて受付させていただいております。

海外演者、海外発表者は、残念ながら来日することができません。海外演者による特別講演に関しては、事前に収録いただいたビデオを配信させていただきます。一部の国内演者の特別講演は、Live配信もさせていただきます。講演者のご都合等により、中止となりますセッションもございます。本アプリは、最終プログラムを反映しているものとなります。

本年度の総会は、今まで経験したことのない完全WEB開催となります。完全WEB開催決定後、2ヶ月あまりでしたが、慶應義塾大学皮膚科学教室、同窓会、学会事務局一同、精一杯準備させていただきました。会員の皆様には、大変なご心配とお手数をおかけいたし、至らない点も多々あると思いますが、引き続き本大会へのご理解、ご支援のほど何卒よろしくお願い申し上げます。